いのちへの水

女性らしく、私らしくいられる

Life Partner Awter

シリカ 89.0mg サルフェート 250.0mg

TVでの話題のWミネラル成分配合!
ナチュラルミネラルウォーター

いのちへの水

いのちへの水

Concept

女性のモチベーションに関わる美容、健康、
女性らしさを求め、
そして自分(私)らしい
生活の一部に常にあり続ける存在でありたい。
様々な生活環境の女性たちを
一番近くで
サポートしていくライフパートナーウォーター。

コンセプトイメージ

日本では珍しい、
ナチュラルミネラルウォーター
強力なWミネラル成分配合!

いのちへの水の秘密 の秘密

いのちへの水の秘密

おいしい水
を毎日飲むだけでキレイに?

「いのちへの水」にはたっぷりのミネラルが含まれ、生産地・品質にもこだわった「ナチュラルミネラルウォーター」です。
たっぷり飲むことで血液がサラサラになり、体内ではつくられにくい、シリカなどの栄養素を
体のすみずみまで運び、老化のスピードも緩やかになっていきます。

女性に嬉しい!ダイエット・美容に効果的 希少な成分が美しさをサポート

ミネラル不足に陥ると、肌荒れや、髪や爪の美容面に大きく影響をもたらします。
ミネラル成分の働きには、妊産婦のカルシウム補給、便秘の解消、ダイエット、肌の質感など、
大変大きな役割を持っているため、女性の身体にはかかせない成分となります。
サプリメントではなく、毎日の飲み物や、料理など、生活の一部に取り入れやすいため効果的に
ミネラルを摂取することができます。

女性に嬉しい!ダイエット・美容に効果的

いのちへの水

natural mineral water

まろやか甘い
毎日飲める美味しい天然水

阿蘇大自然が育む
ナチュラルミネラルウォーター

阿蘇くじゅう国立公園、
第二種特別地域内、
人の入れない奥深い岩盤の中から
長い長い年月をかけて、
自然がろ過した岩盤水です。

採水工場は、全国名水百選にも選ばれた
「白川水源」より約3kmほど上域に位置します。
厚い岩盤をくぐり地下200mより採水した、
ナチュラルミネラルウォーターです。

採水イメージ

手つかずの自然が残る、阿蘇くじゅう国立公園
第二種特別地域内にあります。

ナチュラルミネラルウォーター
とは?

地中でミネラル分が溶解した地下水で、
沈澱、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしていない天然の水を指します。

ナチュラル
ミネラル
ウォーター
地中でミネラル分が溶解した地下水。
ミネラル分に人工的に手を加えていない天然水。
ミネラル
ウォーター
ミネラルを含む水。天然水に限らず水道水も含まれ、
人工的にミネラルの成分調整をすることも許可されています。
ナチュラル
ウォーター
ミネラル分の溶解が天然水より少ない地下水。
成分に手を加えていない状態。
ボトルド
ウォーター
飲用可能な水。天然水に限らず、水道水・蒸留水。
処理方法に限定はない水。

ピラミット

シリカとサルフェート不足が原因かもしれません・・・

シリカとサルフェート不足が原因かもしれません・・・

Mineral Component

シリカとは?

土や、植物に含まれるミネラルで
地球上で酸素の次に多い元素人体における
必要なミネラルです。

シリカの効果

年齢とともに体内のシリカは
減少していきます…

年齢とともに体内のシリカは減少していきます…

シリカは、体内で作ることの
できない
栄養素。

自ら補給する必要があります!

サルフェートとは?

サルフェートは、ヨーロッパ産の
ミネラルウォーターに多く含まれた成分。
体内の老廃物のデトックスに最適です。

サルフェートとは?

海外・特にヨーロッパを中心に人気の高いサルフェート配合のお水。
カラダの中をポカポカにし、血行向上に役立ちます。
健康的なデトックスで、シェイプアップできることが特徴です。

上質な効果が期待できる

いのちへの水

上質な効果が期待できる

いのちへの水はミネラル豊富な
中硬水!

※中硬水とは…マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが100~300mg/Lで含まれている日本人に飲みやすい値の水です。

比べてみてください!
シリカ&サルフェート
たっぷり含んだ
いのちへの水の優れた成分

いのちへの水の優れた成分

※1 川越保徳・山田文彦・田中健路・柿本竜治・外村隆臣・田中伸廣・上月裕・廣畑昌章・岩佐康弘・的場弘行・下津昌司:
熊本流域での水循環保全とその健全な水利用に関する研究、政策創造研究教育センター中間報告書(H19年度版)、pp.6, 2007  詳しくはこちら

農水省が定める4つの分類上最もランクが高いのが「ナチュラルミネラルウォーター」です。
ミネラルウォーター成分比較表
比較対象製品
いのちへの水
(自社製品)
製品A
(国内有名メーカー)
製品B
(国内有名メーカー)
製品A
(海外有名メーカー)
製品B
(海外有名メーカー)
分類種別 Kインデックス
健康水の評価
硬度 カル
シウム
マグネ
シウム
ナト
リウム
カリ
ウム
バナ
ジウム
シリカ サル
フェート
ナチュラル
ミネラルウォーター
45.2kl 234mg/L 61.7mg 20.2mg 17.2mg 6.4mg 8.6μg 89mg 250mg/L
ナチュラル
ミネラルウォーター
40kl 30mg/L 9.7mg 1.5mg 6.5mg 2.8mg - - -
加工水 -10.8kl 31mg/L 6.5mg 3.7mg 19.8mg 0.6mg - - -
ナチュラル
ミネラルウォーター
-5.9kl 50mg/L 10.4mg 6.0mg 8.0mg 2.4mg - - -
ナチュラル
ミネラルウォーター
-0.4kl 1mg/L 0mg 0mg 0.5mg 0mg - - -

※スワイプしてしてご覧ください。

<当社比> 成分分析依頼 株式会社グローカル
※ 成分比較表の数値は1000mlあたりの含有量です

Kインデックスと長生きの水

Kインデックス~長生きの水とは?~

Kインデックスと長生きの水

1972年以来、世界や日本各地の飲料水についてのミネラルバランスを調べ、その水の水質評価を続けている大阪大学工学部環境工学科の橋本教授が、『長寿の村』と『短命の村』を多数調べたら、このKインデックス(Kl)指標が多いと長生きをすることがわかりました。
通常、5.2Kl以上が良いとされていて、高ければ高い方が『健康によい水』ということなのです。

日本人に適している中硬水

日本人に適している中硬水

軟水・硬水とは?
通常、100mg/L以下を『軟水』と言い、100mg/L~300mg/Lを『中硬水』、300mg/L以上を『硬水』といいます。つまり、カルシウムとマグネシウムの量が少ないものを『軟水』、多いものを『硬水』といいます。現代人は慢性的にミネラル不足になっており、日頃から硬度の高い水を飲んでいると、脳卒中や心筋梗塞になりにくいというデータがあります。
ミネラルが補給できる
飲みやすい中硬水
硬度の高い水は、スポーツマンのミネラル補給や妊産婦のカルシウム補給、そして便秘の解消やダイエットに役立ちます。しかし、硬度が高すぎる『硬水』は飲みにくく利尿作用が強すぎて、ミネラル分が一緒に排泄されますし、『軟水』は飲みやすいのですが、ミネラルの補給が出来ません。
つまり栄養が無いのです。ですから、ミネラルの補給も出来て、口当たりも良く飲みやすい『中硬水』が日本人には一番良いのです。
※カルシウムとマグネシウムのミネラルバランスは、3:1が理想的です。

「無添加・非加熱」にこだわった 100%純粋天然水

安心・安全の国内製造!

いのちへの水 製造工程をご紹介

源泉から汲み上げた水をろ過、紫外線殺菌しボトリング。
ろ過フィルターには、不純物などの除去として、
厳選された3種類のフィルター(20um、0.5um、0.2um)を使用しています。

製造工程

製造工程

製造工程

豊富なミネラルが活きた
100%天然水をお届けいたします!

豊富なミネラルが活きた 100%天然水をお届けいたします!

口当たりなめらかで味わい深い
天然水の美味しさを
ご賞味ください!

毎日飲むものだからこだわりたい
あなたの健康
サポート
ミネラルを上手に取り入れましょう!

いのちへの水

  • 毎日の飲み物に

  • 運動のサポートに

  • コーヒーやお茶に

  • 料理の隠し味

  • 妊娠中の血糖コントロールに

  • ダイエットに

いのちへの水

いのちへの水の由来 の由来

「いのちへの水」の商品名は、
聖書の御言葉、
”いのちへの水”から名付けられました。

... Jesus answered her, "Everyone who drinks of this water will thirst again, but whoever drinks of the water that I will give him will never thirst again; but the water that I will give him will become in him a well of water springing up to eternal life."

…イエスは女に答えて言われた、
「この水を飲む者はだれでも、またかわくでしょう。
しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、
決して渇くことがありません。
わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、
永遠のいのちへの水がわき出ます。」。

ヨハネによる福音書より(4章13~14節)